忍者ブログ

[PR]

2017年10月20日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

14)ノイズフィルタータップ追加

2008年08月23日
ノイズフィルタータップ(POWERBAR1100)導入から1ヶ月が経過。
その後ノイズフィルタータップを追加しました。

中古で入手したものですが、ジャンクだったのでもしかしてと心配しつつも使用を開始。
それ以前は
電源コンセント→UPS→ノイズフィルタータップ(POWERBAR1100)→Dr.DAC2やPCなどというつなぎ方でした。

今回はUPSの前段、つまりコンセントとUPSの間に入れ、UPS自体のノイズ低減を図りました。
ノイズがたくさん出ると思われるドライヤーを使われるとUPSが「ビーン」とうなるというか、壊れるんじゃないかと思うくらい大きなノイズを発していました。
精神衛生面の改善も兼ねての導入となったわけです。
タップの口が何個もあるタイプは場所を食うし、安物はアレだしと調べてはみましたが
物が少なく、おまけに許容電流が低いものばかり。

そこでであったのがTOKINのTA-2151という機種でした。
MAX14.8Aも取れるので、これだけあれば十分ですね。
仕様はこちら。




コンセントの口は1つのみ。
大きさは察していただけると思いますが
よくあるトランス型のACアダプタとほぼ同じです。




裏面。


結果の方ですが、効果てきめん!
ビーンノイズは完全に消えました。
[訂正](2008/09/08)
完全ではなくそこそこに訂正します。

UPSの出力側のノイズが減ったかどうかは分かりませんが
1000円程度の出費で超絶ノイズが改善されれば安いものでしょう。
PR