忍者ブログ

[PR]

2017年10月20日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

37)相次ぐトラブル

2010年11月23日
W4S DAC-2が私の元にやってきて2ヶ月弱。
ほぼ毎日愛用しています。


そんなある日、つい最近の出来事。

【DPF-7002】【コアキシャル】【DAC-2】【XLR】【SRM-727A】

このように接続して使っているのですが、なんとなくDAC-2のアナログRCAをプリメインアンプである「A-977」に接続してスピーカーで聴こうと試みました。
購入当初、動作確認のために短時間RCA出力を使ったきりでした。

A-977へRCAで接続するも音が出ない。
XLR出力は問題ないのです。
おかしいと思いつつ今度はSRM-727Aへ接続するもやはり音が出ない。
今度はDR.DAC2へ接続すると音は一応出るものの、レベルが低い上に音が割れる。
他のRCAケーブルに換えてもダメでした。
DAC-2の設定リセットを試みるも変化なし。

そのとき頭を過ぎったのは・・・修理行きです。orz
保証が使えるにしても生まれ故郷であるアメリカまで送るとなると一苦労。
送料だって1万円近くかかります。

送る以前にまず相手に症状の説明と保証に関してなど、英語で相談しなければいけません。
普段英語なんて使う機会もなければ人並みにも満たない英語力。

なぜか先にDAC-2の本体重量と送料を調べ、ああでもないこうでもないと四苦八苦。
最後の手段、すべてのケーブルをはずし、小一時間放置。
その間も頭の中は修理に出すことでいっぱいでした。

1時間程度が経過し、あきらめモードでケーブルをつなぎ、電源オン。
DR.DAC2へRCA接続するとあら不思議。
何事も無かったかのように直っていました。
本当なんだったんだろうと拍子抜けしてしまいました。orz


そして翌日。
今度はDPF-7002が謎の故障。
その故障箇所とは液晶表示が消えてしまったというものです。
ちょっと目を離した数分の間に表示が消え、間近で覗き込んでみるとほんのわずかにうっすら光っているだけ。
電解コンを大掛かりに交換したときにも同じ症状が出て、1時間ほどで勝手に直ったという不可解なトラブルがありました。

液晶の寿命かもしれないと予備にとってあった液晶基盤を取り付けてみるも変化なし。
制御回路はどうなっているのかいまいちわかりませんが、基盤表面にそれらしき部品は見当たりません。
もしかすると基盤裏のLSI(大規模集積回路)で制御しているのかも。
そうだとすればもうお手上げですね。ヽ(´ー`)ノ

液晶表示以外は問題なく動作するので、最悪このままでも支障が無いといえば無いのですが、やっぱり気になりますよね。
またしばらく放置すれば直るのではというわずかな期待に賭けて数十分電源を入れたまま放置。
するとどうでしょう。
あら不思議、何事も無かったかのように復帰していました。

2日続けてトラブルに見舞われ、本当不運でした。
結果オーライですが、DAC-2の使用期間はまだ浅く、DPF-7002はこれでもかと改造しまくってまだ2年。
壊れれば精神的にダメージが大きいので勘弁してほしいです。
最低5年、できれば10年は使うつもりなので、まだまだがんばってほしいものです。

【追記】
その後数日でDPF-7002のLCD表示が点かなくなりましたとさ・・・。
PR